毎週火曜日・金曜日更新予定。理事長ブログ

10月20日、第12回APHCO(アジア太平洋地域保健協同組合協議会)総会が、医療福祉生協連の本部事務所がある大久保(東京都新宿区)のサンケンビルヂングで開催され、参加しました。

この総会は、スリランカのコロンボで開催される予定でしたが、4月のテロ事件の影響で渡航を断念し、WEB会議に変更されたものです。

2019年4月「21日午前、コロンボにある『シャングリラ』など3つの五つ星ホテルと、西部ネゴンボなどにある3つの教会でほぼ同時刻に爆発が起きた。その後、コロンボ近郊の動物園などでも爆破」(「日経」)がありました。フライト、スケジュールを検討している途中でしたから、慎重に検討しましたが、会議が半年後であっても、安全第一を考えると(当局からも「テロの対象は」外国人であるとの意見をいただきました)渡航中止の判断が妥当だろうということになり、WEB会議で開催することになりました。

当日の事前チェックでは接続に問題はありませんでしたが、実際はトラブルが出現し、苦労しました。

新理事会の構成では、新しく、医療福祉生協連の髙橋淳代表理事会長理事(岡山医療生協代表理事会長理事)が、APHCO会長に就任しました。

私は、医療福祉生協連国際委員会の委員として、APHCO理事として2年間活動することになりました。

しばらく、この話題について報告します。