毎週火曜日・金曜日更新予定。理事長ブログ

APHCO総会の翌日、10月12日に韓国の生協訪問を行いました。ソウル市内にあるソウル医療福祉社会的協同組合を訪問しました。

韓国では、生協法が日本とは異なるため、営利目的の医療生協が多く300近くあるそうです。まっとうな医療生協を育成するために、配当を禁じた「社会的協同組合法」が成立し、2013年に組織変更を行っています。

ウリネ漢方病院(日本でいうと診療所です)、ウリネ歯科、ウリネ老人福祉センターを運営し、ヨーガ、バドミントンなどのスポーツや、山歩きなど健康づくりの活動などを行っています。

報告の中で注目したのは、青年委員会で、医療協同組合運動の持続可能性のための若手養成を目的にさまざまな活動を行っています。

写真やビデオ撮影などの講座を受講した大学生が組合員になり、夏休みなどに健康づくりなど様々な医療生協の活動を行っています。公園や海岸などで、等身大の人形を使って救急蘇生のデモンストレーションを行い、それをビデオに撮って医療生協の活動を紹介しています。

若い世代にどうアプローチするかを考える上で、随分参考になりました。

※ソウル医療福祉社会的協同組合のHPに。第10回APHCO総会と、今回の訪問の写真が載っています。

http://www.medcoop.org/bbs/board.php?bo_table=photo&wr_id=1586