毎週火曜日・金曜日更新予定。理事長ブログ

ネパール地震についての支援の呼びかけを、4月28日付(第718回)の本欄で訴えました。この間、APHCO(アジア・太平洋地域保健協同組合協議会)の会長として、フェクトネパールに激励のメッセージを送ってきました。

今回、フェクトネパールのプラダン先生から、返信が送られてきました。

フェクトネパールは、カトマンズ市内にカトマンズ・モデル病院を、山間のキルティプルにも大学病院を運営しています。いずれも今回の地震で大きな被害はなく、救急患者に24時間対応を行っています。

キルティプルの病院の体制を強化し、レントゲンや手術室、ICUへの対応を強化しています。

Phect-NEPAL would like to express sincere thanks to the Asia Pacific Health Cooperative Organization and Japanese Health and Welfare Cooperative Federation for expressing deep concern and sympathy on the loss due to the devastating earthquake through out Nepal on April 25, 2015.

Phect-NEPAL is doing its best possible care to the victims of the earthquake through its Kathmandu Model Hospital, Kirtipur Hospital and regular community based health camps. This difficult period has forced us to upgrade our Kirtipur Hospital with complete radiology, operation theaters and ICU services to cope with the possible post disaster effects & complications and rehabilitation of the casualties.

We appreciate support and cooperation from HeW-COOP Japan and APHCO Member Countries to overcome the difficult situation in coming days.

Dr. Bharat Pradhan/Executive Director/Phect-NEPAL

被災者とフェクトネパールへの支援のために、募金を行っています。集まった募金は医療福祉生協連を通じて、フェクトネパールに送付する予定です。香川医療生協の事業所まで募金をお寄せください。