高松市の大西市長は、市内の医療機関に対し、休日や時間外に接種を行った際の国の支援措置なども活用して、迅速に接種を進めるよう協力を求める文書を発出しました。要は、国の施策の活用であり、市は協力要請の文書発出以外何もしないということなのでしょうか。

NHKの報道によれば「市民のワクチン接種への思いは非常に強く、どうか、1人でも多くの方が1日でも早く接種を終えることができるよう、支援措置等も活用いただき、協力をいただけますよう、切にお願い申し上げます」ということだそうです。

1日も早くというのが市民の願いであることはその通りだと思いますが、7月末までに終了というのは、菅首相だけの思いではないでしょうか。

医師をはじめとした医療従事者の働き方改革が問題になっているときに、高松市の医師や看護師など医療従事者にだけ、休まず働けというのは虫が良すぎます。

市としては何をするのか、報酬等の処遇はどうするのか、ワクチンはどのように配布するのか、具体的な措置は何も語らず、とにかく頑張ってというのでは、現場は動きようがないのではないでしょか。

投稿の月別アーカイブ