毎週火曜日・金曜日更新予定。理事長ブログ

総務省と厚生労働省は5月12日、全国の自治体を対象に実施した65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種の実態調査の結果を公表しました。

菅首相が目標に掲げる7月末までに高齢者接種が完了する予定と回答したのは全国1741市区町村のうち1490自治体(85.6%)。都道府県別では、兵庫や京都など17府県が、全市町村で7月中に接種を終える見通しと回答、「8月中」と答えたのは東京、大阪、愛知などの185自治体(10.6%)、「9月以降」としたのは北海道、福岡、沖縄などの66自治体(3.8%)です。

官邸のホームページによると、5月12日17時の時点で、医療従事者で1回目のワクチン接種が終わったのは約327万人、2回終わったのが約140万人です。5月末の時点で2回接種が終わるのは、5月10日までに1回接種した約310万人ですから、医療従事者の3分の2ということになります。

同じく、高齢者で1回目が終わったのが57万人、2回目が3.6万人です。

ワクチン接種が進まないのは、ワクチンが配布されていない、接種体制が取れていない、集団接種の場所が確保できないし人員が確保できないからです。自治体が回答したさきほどの数字は、ワクチンが配布される、人員が確保できる、場所も心配ない、など数々の条件をクリアできた時の「仮定」の話です。

菅政権のまやかしに振り回されることなく、冷静に対応したいと思います。

投稿の月別アーカイブ