毎週火曜日・金曜日更新予定。理事長ブログ

メディアの報道によれば、8月4日大阪府の吉村知事が会見を行い、新型コロナウイルスの軽症者に「ポビドンヨード」を含んだうがい液でうがいを実施した結果、陽性になる頻度が下がったと明らかにしました。「皆様もよく知っているうがい薬を使ってうがいをすることによって、コロナの患者さん、コロナがある意味減っていく。コロナに効くのではないかという研究が出ました」(TBS NEWS)という発言です。

この話のおかしなところは、「うがい」という行為に効果があるのか、「ポピドンヨード」に薬理学な効果があるのかがよく分からないということです。
「すべての傷にポピドンヨードを使用するのは不適」、というのが医学的常識です。症例を選べば有効という意見もあり、100%ダメということではありませんが。

吉村知事の発言は、翌日に「コロナを予防できるものではありませんが、唾液を介して人にうつすリスクを抑制し、感染拡大防止に寄与する可能性がある」とトーンダウンしましたが、知事が「コロナに効くのではないか」といえば、多くの府民・国民がドラッグストアなどに買いに走るのは容易に想像できることです。

特定のうがい薬の効果が正しいのかどうかはともかく、自分の発言の影響を考えなかったのかと疑問を持つものです。