毎週火曜日・金曜日更新予定。理事長ブログ

6月4日(土)に、熊本地震で被害の大きかった益城町に行ってきました。益城町には、生協くまもとの熊本東支所があり、その倉庫(といってもオープンスペースです)をお借りして健康チェック・健康相談を行いました。

5月6日に生協くまもとのコープ春日店で行われた健康チェック・健康相談に参加した折(5月10日付 第796回参照)、吉永理事長と懇談、生協の職員も被災している、益城町の避難所にも案内して健康チェック・健康相談ができないか、という依頼を受け、今回実現したものです。

医療福祉生協の中四国ブロック・九州沖縄ブロックの協力を得て、医師3名をはじめ15名のスタッフで臨みました。

医師は私の他、医療生協健文会(山口県)の大長医師(整形外科)と、鳥取医療生協の田治米医師(心療科)です。お昼過ぎまで雨が降る中で参加者の数が心配されましたが、148名の参加で盛況でした。

相談内容は、車中泊や度重なる余震のせいでしょうか、肩こりや腰痛、手や足のしびれなど、整形外科的な症状や、ストレス、不眠など、心療内科的な訴えが多かったようです。

時期によりニーズも変わっていくようで、企画の内容は検討していく必要がありますが、引き続き支援していきたいと思います。

生協くまもとのHPに今回の取り組みが紹介されています。
http://www.kumamoto.coop/news/jishin/2805